【相部屋宿泊】ずっと憧れていた女上司とまさかの相部屋宿泊!無防備な着替え姿に僕の下半身が爆発寸前!



あき先輩と二人で日帰り出張を命令された僕は、内心ドキドキしていた。人妻なのに綺麗で仕事も出来て、社内のマドンナ的存在であるあき先輩に僕は入社してからずっと憧れていたのだ。しかし、僕たちは商談を成立させる事ができず、部長から契約が取れるまで帰って来るなという宿泊命令が言い渡された。あいにく大きな祭りの影響で宿泊先は見つからず、ようやく見つけた空き部屋ひとつに僕たちは二人きりで泊まる事になって…。


PDF

コメントを残す